忍者ブログ

スポーツ大好き人間。 いろいろなスポーツを観戦し、 感想を綴っていきたいと思います。 また、異種格闘技とはちょっと違いますが、 インターネット上にあるいろいろなものに も挑戦していきたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ




HOME[PR]サ ッ カ ー岡田ジャパン 岡崎の2得点の活躍で4-0でチリに快勝

[PR]

2017-10-23-Mon 17:00:41 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岡田ジャパン 岡崎の2得点の活躍で4-0でチリに快勝

2009-05-27-Wed 23:10:13 │EDIT
キリンカップサッカー2009 で岡田ジャパンは、岡崎の2得点の活躍でチリに4-0で快勝した。
試合は、前半、日本は立ち上がり前線からプレスを仕掛け、ゲームの主導権を握ろうと試みる。
この試合での日本はゴールへ向かう意識が強く、本田や岡崎が積極的にシュートを放った。
対するチリは左サイドのボセジュールの突破力を生かし、サイド攻撃から日本ゴールに迫る。
試合が動いたのは前半20分。本田が強烈なミドルシュートを放ち、ゴールキーパーがはじいたボールを岡崎が押し込んで日本が先制点を奪う。
続く前半24分には鮮やかなカウンターから再び岡崎が決めて2点目を挙げる。
後半に入っても運動量の落ちない日本は精力的な動きを見せ、中盤で優位にゲームを進める。後半7分にコーナーキックから阿部がヘディングシュートを決めてリードを3点に広げる。
リードを広げるも攻撃の手を緩めない日本は本田、中村憲らがチリゴールに襲い掛かる。
チリも何度となく日本ゴール前までボールを運ぶが、中澤を中心とした守備陣が踏ん張り、無失点に抑えた。
試合終了直前に攻撃陣をけん引した本田が代表初ゴールを決め、4-0で快勝した。

最高の試合を見せてくれた!!
次のベルギー戦でもこの試合ができれば岡田ジャパンが、W杯での上位進出の可能性を見た。
次の試合が本当の意味で、岡田ジャパンの実力が証明されるはずだ!!


 

 
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼





カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おすすめサイト
★マイクロアドは ブログやサイトに貼るだけ。 お小遣いをゲットしよう!★
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

あし@
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[11/18 NEX-5N]
[07/07 ed hardy]
[04/11 やす]
[04/05 ポルコ]
[03/28 ねこいらず]
バーコード
プロフィール
HN:
King Top
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1961/08/27
職業:
会社員
趣味:
スポーツ
自己紹介:
格闘技好きの男です。
いままで仕事に追われており、プログなどしたことがありませんが、これから一つのル趣味として頑張って生きたいと思います。

アクセス解析
ブログ内検索
アクセス解析


-天気予報-



Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 スポーツ大好き人間 Some Rights Reserved.
http://kingtop10.blog.shinobi.jp/%E3%82%B5%E3%80%80%E3%83%83%E3%80%80%E3%82%AB%E3%80%80%E3%83%BC/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%80%80%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E3%81%AE%EF%BC%92%E5%BE%97%E7%82%B9%E3%81%AE%E6%B4%BB%E8%BA%8D%E3%81%A7%EF%BC%94%EF%BC%8D%EF%BC%90%E3%81%A7%E3%83%81%E3%83%AA%E3%81%AB%E5%BF%AB%E5%8B%9D
忍者ブログ[PR]